作曲家

18 草原の 白い花【ぴあのどりーむ6】

曲集
ぴあのどりーむ6
ページ
35

曲の情報

  • タイトル「草原の白い花」
  • 2/4拍子 変ロ長調 Allegro moderato(ほどよく速く)
  • 作曲:田丸信明

演奏のポイント

  • 小さめの音で入ると硬くならない
  • 8小節目に、rit(だんだんゆっくり)とディミヌエンドがついているが、急にそこで小さくするのではなく、2小節の最高音ファから、フレーズ毎に少しだけ小さくしていくといいかもしれない。強弱の指定はなく、音高は徐々に下がっていくため、盛り上がっていく感じではない。
  • a tempo部分は、きちんと速度を戻す
  • 13小節目~14小節目は、終止前に少しの盛り上がりを見せる、やり過ぎると雰囲気が壊れるので注意。13小節目を少しだけ大きくして、終わりに向けてフレーズ毎に音を小さくしていく
  • 15小節~16小節の終止部分は、指定されていないが、少しゆっくりしてもいい。8小節でritでゆっくりしたのに、あっさり終わらせてしまっては物足りない。

練習のコツ

  • 左手の2分音符は最後まできちんと伸ばし保持する。次の小節にうまく入れない場合は、1小節ごとに音を切る(2音を同時に上げる)とコツをつかむことができる
  • 右手は指使いを重視。似ている音型だが、少し変化させているのを感じよう。
  • 4小節でスラーは切れているが、雰囲気からはフレーズが続くと考えていい。2小節ごとの小さなフレーズと、8小節の大きなフレーズで捉えよう。
  • 8小節では、rit.でゆっくりするので、フレーズが終わる雰囲気を出す。9小節目に入る前、一瞬、切る。
  • 1段目、2段目をきちんと演奏できるようにしたら、3段目、4段目は、1,2段目と比較しながら練習すると、早く覚えられる。

演奏について

演奏中は感じませんでしたが、結構、最初からリズムに不自然なブレがありますね。rit.も不自然。ガタガタしている演奏。最後も意図的にリズムをブラそうと思いましたが、聴いてみると、ただリズムが崩れただけの演奏。ん~、何故だろう。何も考えずに弾くのが正解かも。

音楽用語

音楽用語
意味
Allegro moderato(アレグロ・モデラート)
適度に速く
rit.(ritardando リタルダンド)
だんだん(緩やかに)遅く
a tempo
元の速さで
mf(メゾフォルテ)
やや強く
>(ディミヌエンド)
徐々に弱く