手首を上げるとミスタッチがなくなる

手首は、基本的に安定させなければいけないが、少し上げると弾きやすくなることがある。特に速い動きで、広範囲の鍵盤を使う場合は、指の長さによっては手首を高めに保った方がいいこともある。

次の動画の左手に注目しよう。

ベートーヴェンの「ワルトシュタイン 最終楽章」の一部。手首が低い状態だと指が届かなかったり他の鍵盤を巻き込んでしまっているが、手首を上げるとミスタッチは減る。

注意点としては、

    • ただ指が動かないという理由で手首の動きを利用しない
    • 音色が鋭くなることがある
<後記>

動画の部分、苦手なんですよね。練習でできていても、本番でうまくできたことないです。でも、何か弾きたくなるんですよね。この曲。この他にも何箇所か、常に本番で間違えるところがあるんですよ。もう嫌になってしまいます。けど、また今度弾く予定になってます笑。

ジユン

ジユン練習って最高!

記事一覧

東京都出身。仕事は、ピアノ教えたり、たまに弾いたり、曲を書いたり。ピアノ好きだが練習は大嫌いであまりしない。そのため、演奏はミス多め。好きな言葉は、「かゆいところはかゆいまま」。好きなスポーツは野球。ニックネームは、兄貴だけが使う呼び名、由来は謎。
年齢は、理由もなくなんとなく内緒にしていたらどんどん言いづらくなって、いまだなんとなく非公表。

関連記事


「通知はまだ届いていません」と表示されている方は、X(旧Twitter)にログインしていないためです。投稿一覧(タイムライン)の内容は、X(旧Twitter)にログインしているユーザーしか見れません(2023年9月7日時点)。

おすすめ

  1. パプリカ

  2. 夢をかなえてドラえもん

  3. Lemon

最近の記事

  1. なぜか子供が自主的に練習回数を増やし集中するツール

  2. 保持の練習方法

  3. 部分練習のやり方

最新の演奏

  1. RAIN

  2. Ballade バラード

  3. La Styrienne スティリエンヌ