ジャンル

レット・イット・ゴー〜ありのままで〜

曲の情報

レット・イット・ゴー(英: Let It Go)
2013年のディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』に使用された楽曲。タイトルには、抑えていることを解き放つような意味合いがあると思われるが、日本では、「ありのままで」と訳され、松たか子が歌った。

作曲:クリステン・アンダーソン=ロペス(Kristen Anderson-Lopez) / ロバート・ロペス(Robert Lopez)

演奏のポイント

リズムに特徴があり、少し難しく感じるかもしれないが、まずは自分でも歌いながら楽しく練習することが上手に弾く一番の近道だ。片手の練習は、右手だけではなく左手もきちんとやろう。左手の練習は、退屈かもしれないが音の長さを正確にやり、慣れてきたら頭でメロディーを思い浮かべながら練習する。右のリズムが弱拍を打っている部分が多いので、左手は正確に拍子を刻まなければ、全体的にぼやけた演奏になる。

ペダルは、基本的に必要ないが、左手のベース音が長く伸ばすことが多いので、手を移動するところでペダルを入れてもいいかもしれない。最後の部分は、ペダルで音を濁らせて、幻想的な雰囲気にするのもいい。

演奏した感想

サビの部分しか知らなかったので、リズムはなかなか苦労しました。やっぱり歌を知らないといけませんね。歌を聴いたら、少しつかめた感じはしましたが、不思議リズムが不安定になるところがあります。それが実力なのか、もしかしたらマイクのせいかもしれません。

iPadで楽譜を見るのは初めて使いました。譜めくりは足のボタンを使うのですが、これまた初めての動作なので、踏んだ週間に手を上げてしまったり、右のペダルを踏み込めなかったりで、なかなか大変でした。


「通知はまだ届いていません」と表示されている方は、X(旧Twitter)にログインしていないためです。投稿一覧(タイムライン)の内容は、X(旧Twitter)にログインしているユーザーしか見れません(2023年9月7日時点)。

おすすめ

  1. 夢をかなえてドラえもん

  2. Lemon

  3. ひまわりの約束

最近の記事

  1. なぜか子供が自主的に練習回数を増やし集中するツール

  2. 保持の練習方法

  3. 部分練習のやり方

最新の演奏

  1. RAIN

  2. Ballade バラード

  3. La Styrienne スティリエンヌ